個別指導塾を選ぶ時に、絶対に押さえるべきたった一つのこと

シェアする

個別指導塾に通うと決めた場合、最も重視すべき事はなんでしょうか。

保護者の方は大抵の場合は大手個別指導塾の特徴や、パンフレットやHPの情報などをよく調べている事が多いです。

塾の名前や、パンフレットやHPなど個別指導塾が表に出している情報に加えて、実際に室長と面談をして話を聞いたり教室を見学に来て教室の雰囲気を確認したりさまざまな観点から個別指導塾を比較検討した上で入塾をします。

保護者の方は自分の子供のために必死になって塾選びをしているといつも思います。

それだけ保護者の方が必死になり個別指導塾を決めても、成績が上がり受験に成功する生徒もいれば、成績が下がり受験に失敗する生徒もいます。

しかし、講師の立場から見ると、生徒が個別指導塾に入った瞬間に生徒の成績が上がり受験に成功するか、成績が下がり受験に失敗するかは予測が出来ています。

なぜならば個別指導塾で、成績が上がり受験に成功するか、それとも成績が下がり受験に失敗するかは、ある1つの要素が大きく関係しているからです。

個別指導塾を選ぶ上で最も重要な要素

答えを先に言ってしまうと、個別指導塾を選ぶ上で最も重要な要素は「担当講師が誰になるのか」です。

パンフレットやHPに書いてある事や、室長の人格、教室の雰囲気などは、あくまでおまけの要素です。

個別指導塾では良い講師が生徒を担当するかで、その後の成績がどうなるかは9割以上は決まります。

個別指導塾で成績を上げる講師

個別指導塾における良い講師とは、担当生徒にやる気を出させる講師です。

良い講師は、担当生徒をやる気にさせるテクニックを数多くもっています。

生徒にはさまざまな性格の生徒がいて、本人のやる気を刺激するポイントも異なります。

性格もやる気を刺激するポイントも異なる一人一人の生徒に対して、やる気を刺激するポイントを的確に把握して、生徒をやる気にさせる事が講師に求められる能力です。

生徒がやる気を出して、宿題や課題をきちんとこなすようになれば自然と成績は上がっていきます。

良い講師に当たれば高い確率で定期試験は80点以上が当たり前になり、模試でも最低でも偏差値60以上を出すようになります。

塾に来る生徒もやる気にあふれるようになり、笑顔で教室に入ってきて入室する時に「こんにちは!」と大きな声で挨拶をするようになります。

良い講師が塾に来る日は、良い講師の方のいる席を中心にとても元気の良い空間が広がり塾にポジティブな雰囲気が広がっていきます。

個別指導塾では、このような良い講師の事を「当たり講師」と呼びます。

「当たり講師」が生徒の担当になると、だいたい8割以上の確率で成績が上がります。

「当たり講師」が担当しても、どうしてもやる気にならない生徒も中にはいるので、必ず成績が上がるという事は出来ません。

しかし「当たり講師」が担当になれば、成績が上がり志望校に合格する可能性がぐっと上がるという事です。

個別指導塾で長く存在している教室には、最低でも1人は「当たり講師」がいます。

「当たり講師」が定期試験や受験で結果を出していかなければ、生徒が入塾してこなくなりじわじわと生徒数が減っていき、個別指導塾が潰れてしまうからです。

個別指導塾で成績を下げてしまう講師

一方でダメな講師が担当講師になれば、自分で勉強が出来る成績が良い生徒でも成績は徐々に下がっていきます。

個別指導塾におけるダメな講師は、生徒をやる気にさせるテクニックの数が少ない講師です。

生徒をやる気にさせるテクニックが少ない講師は、自分のテクニックが通じる生徒しかやる気を出させる事ができません。

生徒のやる気が出なければ、成績は上がりません。

当たり前の事ですが、講師は生徒の試験を受けられません。

講師が東大生であっても関係ありません。

試験を受けるのは生徒自身です。

生徒がやる気を出して自分で課題や宿題をしなければ実力はつきません。

ダメな講師が担当する生徒の多くは、やる気が出ず自分で課題や宿題をきちんとやらず実力がついていないのに、「塾に通って勉強している」という変な自信をもってしまい、試験前でもあまり勉強をしなくなってしまいます。

その結果、成績は少しずつさがり続け、受験も当初の志望校に合格できなくなってしまいます。

個別指導塾では高確率で担当する生徒の成績を下げる講師の事を「外れ講師」と呼びます。

私の知っている講師で入塾時に偏差値60以上の生徒を担当しては偏差値50以下に落とす講師もいました。

「外れ講師」が担当になると傍から見ていて生徒がかわいそうになるほど成績が下がっていきます。

もちろん「外れ講師」が担当についたからと言って成績が必ず下がるわけではありません。

「外れ講師」の下でも、「外れ講師」の持っている数少ないテクニックでやる気を出せた生徒や、塾や講師と関係なく自分でどんどん勉強を進めていく生徒は成績が伸びます。

ただ成績が上がる確率としては低いという事です。

私が見る限り「外れ講師」が担当して成績が上がるのは、担当する生徒の1割前後です。

残りの9割は成績が下がり続けます。

まとめ

個別指導塾を選ぶ時に最も重視すべき要素は「当たり講師が担当につくかどうか」です。

「当たり講師」が担当になれば、成績が上がり受験に成功する確率が高いです。

もちろん「当たり講師」が担当になっても成績が100%上がるわけではありません。

確率は低いのですが「当たり講師」が担当したのに成績が下がる生徒もいます。

一方で「外れ講師」が担当になれば、成績は下がり受験に失敗する確率は飛躍的に上昇します。

もちろん「外れ講師」が担当して成績が必ず下がるわけではありません。

確率は低いのですが「外れ講師」が担当したのに成績が上がる生徒もいます。

個別指導塾の塾の名前や、パンフレットやHPに書いてある事や、室長の人格や教室の雰囲気は本質的な要素ではありません。

個別指導塾においては、どの講師が担当になるかが、将来の生徒の成績や受験の結果を大きく左右します。

どの個別指導塾に通うか決める場合は、良い講師を探す事が一番重要だと私は思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク