大手予備校の「オリジナルテキスト」って効果あるの?

シェアする

「オリジナルテキスト」ってどんなものなの?

1人の講師が何十人もの生徒を相手にして講義をする、「大教室型授業」では予備校はその予備校独自の「オリジナルテキスト」を用意して受講者に配布します。

そして、予備校や塾のパンフレットを見ると、大規模な塾になればなるほど「オリジナルテキストを使用!」という宣伝文句が書かれています。

予備校や塾が「オリジナルテキスト」と言う場合は、本屋などで市販されていなくてその予備校・塾に通わなければ使用できないテキストという意味です。

実際に何万も払って受講しなければ見れないテキストというのは気になりますよね。

私も受験した時には、大手の予備校に通いオリジナルテキストを使って学習しましたが、オリジナルテキストの出来は非常に良かったですし、オリジナルテキストのおかげで実力が伸びたと思います。

予備校のオリジナルテキストの良い点

塾講師をしてからも他校のオリジナルテキストを見せてもらった事が何回もありますが、クオリティが非常に高いテキストが多いと思います。

また予備校は、そのテキストを使って授業をして今まで生徒の成績を上げ、受験で結果を出してきたという実績があります。

受験生にとって実績のあるテキストを使う事は安心できる要素です。

予備校のオリジナルテキストの欠点

しかしオリジナルテキストには弱点があります。

予備校のオリジナルテキストは、実はすべての内容はテキストに書かれていない、という事です。

完璧なテキストがあったら、せっかく苦労して作っても違法コピーされるなどして外に流出してしまったら、誰も授業を受けに来なくなってしまいますよね。

だから、予備校のオリジナルテキストは解答がない場合が多いですし、解答があってもまともな解説が載っている事はありません。

解答や解説の部分は予備校で講師の板書を移したり、講師の授業をメモする事で補っていきます。

予備校のオリジナルテキストの本質

つまり予備校のオリジナルテキストは「予備校の授業を受ける事で完璧になるテキスト」という事になります。

予備校のテキストというのは、予備校の授業を受けて真面目にメモしたり板書を写したりする人の場合には効果が高いのです。

また、予備校に通うのであれば何人かの真面目な友達と一緒に通う事をおすすめします。真面目な友達と一緒に予備校に行けば板書やメモなどを見せ合って補完できるからです。

家に帰って自分の書き込んだオリジナルテキストを見れば自分で復習も簡単に出来ますし、友人にすぐに聞くことも出来ます。

一方で板書を写したり講師の発言をメモしたりするのが苦手な人や集中力が持続しない人は予備校の授業には向いていません。

また1人で予備校に通う事はおすすめ出来ません。

板書を写し逃してしまった時や、メモをうまくとれなかった時に、手軽に聞ける人がいないからです。

少しずつモチベーションを失っていき、なんとなく通って、何の効果も出ない事になります。

家に帰って復習しようとしても、自分で書き込みをしていない予備校のオリジナルテキストでは満足に復習もできません。

まとめ

ですからに予備校に通う場合

・毎回きちんと最初から最後まで出席できるかどうか

・板書を真面目にとり、講師の言う事をメモする習慣がついている

・何人かの友人と一緒に通えるかどうか

という条件がそろっている場合は、大教室型の予備校の授業のオリジナルテキストをきちんと使いこなす事が出来るようになると思います。

だから「オリジナルテキストが効果的なのか?と聞かれたら「効果的な人もいるし、効果的でない人もいる」という事になります。

1人の講師が何十人、へたしたら何百人もの学生を相手に講義をする「大教室型授業」を受けるかどうかは、まず自分が「大教室型授業」に合っているのかどうかを確認してからにすると良いと私は思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク