なぜ受験生は「速読英単語 必修編」を購入しても、途中で投げ出してしまうのか

シェアする

英単語の暗記は大学受験で欠かせない

大学受験においては英語の試験対策として、まず英単語を暗記する人が多いです。

G・MARCH以上のレベルの大学になると大学受験の英語の問題の配点の大半は長文問題に割り当てられます。

長文問題を解くためには、英単語が入っていないと話になりません。

そこで受験生は市販されている英単語帳を使う事によって英単語を効率よく暗記していこうとしていきます。

そして、単語帳として定番の参考書となっているのが「速読英単語 必修編」です。

G・MARCH以上の大学合格を目指す大学受験生であれば、ほとんどの受験生がZ会の「速読英単語 必修編」という単語帳を一度は耳にした事がある人がと思います。

そして多くの人がZ会の「速読英単語 必修編」を購入して、「速読英単語 必修編」で単語を覚えようとし始めます。

そのほとんどの人が「速読英単語 必修編」を最後までやりきる事なく、途中で投げ出して他の単語帳で単語を覚えようとします。

今日は、なぜ多くの人が「速読英単語 必修編」を始めようとするのか、そしてなぜ「速読英単語」を途中で投げ出してしまうのかについて解説をしたいと思います。

受験生はなぜ「速読英単語」を購入するのか

受験生も愚かではないので「速読英単語必修編 」を最後までやり抜いた人が少ないという情報は持っている人が多いです。

それでも毎年のように受験生は「速読英単語 必修編」を購入します。

それはZ会の「速読英単語 必修編」の掲げる単語帳としてのコンセプトが素晴らしいものだからです。

市販されている通常の単語帳で最も一般的なタイプの単語帳は、英語の単語の横に日本語訳が書いてあり、片方を隠して意味を覚えるという作業を延々と続ける作業をしていきます。

この作業がとにかく単調でつまらない作業なのです。

しかも単純に暗記をしていくだけなので、覚えても次々に意味を忘れていくので、単語の意味を定着させるためには、1度終えても何度も繰り返して暗記するという作業を受験するまで続けていきます。

これはつまらない作業を受験するまで続けるので地獄のような作業になります。

Z会の「速読英単語」シリーズの特徴

心に残るストーリーとともに学習するので、単語とその意味が文脈の中に記憶され、覚えやすく忘れにくい!

Z会の「速読英単語 必修編」の特徴

・重要単語が含まれた長文を読んで、その文章の中で単語がどのような意味を持つか理解する

・文章が印象的な内容が多いので、文章を読むのもつらくないし、単語の意味も頭に残りやすい

これは受験生から見たら魅力的な言葉ですよね。

英単語と日本語の意味をひたすら繰り返して反復して覚えるのは、つらい作業な上に、すぐに意味を忘れてしまうので受験するその日まで繰り返していく必要があります。

それなのに「単語を覚えやすく忘れにくい」とか言われたら心がグラっと動いてしまいますよね。

しかも、英単語は長文を読むために暗記していくのですが、「速読英単語 必修編」を使えば「読解力」「速読力」「英文のテーマ」まで学べるなんて、単語を覚えた後の一歩先の段階まで一気に出来てしまうのです。

受験生が「速読英単語 必修編」を思わず購入してしまうのもわかります。

なぜ受験生は「速読英単語 必修編」を投げ出してしまうのか。

「速読英単語 必修編」はコンセプトだけを読むと非常に優れていると思います。

もし「速読英単語 必修編」を最後までやり遂げられれば、G・MARCHレベルまでの大学受験の英語の試験には対応できると私も思います。

しかし、「速読英単語 必修編」には1つだけ決定的な欠点があります。

それは、単語を覚えるために読む長文が難しいのです。

「速読英単語 必修編」には中学レベルの英語がきちんと出来ていれば高校1年生でも十分に出来ると書かれています。

しかし中学レベルの英語が出来ているだけでは「速読英単語 必修編」の英文を読みこなすのは難しいのが現実です。

「速読英単語 必修編」の英文を読みこなすには、「ビジュアル英文解釈 part1」が終わっている段階、もしくは「入門英文解釈の技術70」が終わっている程度の学力が必要とされます。

つまり英文解釈をする技術の基礎がきっちり出来た段階でなければ「速読英単語 必修編」の英文をきちんと読みこなす事が出来ないのです。

長文読解の技術の基礎が固まっている段階でなければ、「速読英単語 必修編」の長文を読んでも意味がよくわかりません。

意味がわからない文章を読んで強引に単語の意味を暗記しようとすれば、それはつまらない作業を超えて、つらい作業です。

つらい作業を続けていく事は精神的に非常にストレスがかかる事なので、そのうちに「速読英単語 必修編」をやらなくなり、最後には投げ出してしまうのです。

まとめ

受験生は英語の基本は英単語だと思っているのに加えて「高校1年からでも利用できる」と言われているので、「速読英単語 必修編」を受験勉強の最初に手を出してしまいます。

しかし、それでは「速読英単語 必修編」の長文の意味を理解する事が出来ません。

なので「ビジュアル英文解釈part1」もしくは「入門英文解釈の技術70」を終わらせて、英文解釈の基礎が出来た後に、「速読英単語 必修編」を使うようにしてください。

そうすれば「速読英単語 必修編」は素晴らしい参考書になります。
[amazonjs asin=”4860669878″ locale=”JP” title=”速読英単語1必修編改訂第6版”]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク